ALL about 米油

HOME > ALL about 米油 > 米油のできるまで

米油のできるまで

米油ができるまで

  米油の原料は、玄米を精米する時に発生する米糠(こめぬか)です。日本は、油脂原料の90%以上を輸入に頼っていますが、その中で、米油の原料である米糠は、貴重な国産植物油原料なのです。米油をつくるには、大きく分けて「抽出」と「精製」という2つの工程を経ます。まず、日本各地で発生する米糠は、グループ会社であるムサシ油脂(株)などの原油抽出工場に運ばれ、ここで米糠から油を「抽出」して「米原油」を得ます。次に、得られた「米原油」は、ボーソー油脂(株)船橋工場に運ばれ、食用まで「精製」します。船橋工場は、ISO9001の登録を受けており、各工程は厳密に管理されています。

 また、品質のよい、おいしい油であるためには、高度の、厳しい精製技術によって生まれた油でなければなりません。ボーソー油脂は創立以来、米油の特質を生かしたおいしい食用油をつくるために、日夜、研究と改革を重ねてきました。そしていまでは、革新的な設備と、ほかではまねのできない独持の技術によって、お米の持つ”うまみ”の風味を残し、安定性の高い、しかも、安心して召しあがっていただける品質の良いの食用油をつくることに成功しました。表はボーソーこめ油の規格表ですが、酸価・色・冷却試験など食用油にとって大切な規格に対し、私たちは自分自身にできる限りの厳しい規準を課して、細心の注意をはらっています。

米油ができるまで