商品情報 こめ油 米と紅花油 しその実油・荏胡麻油 菜種油(キャノーラ油) その他食品 食用油ギフト 石けん類 化粧品類 日用品類 業務用食用油 脂肪酸・ワックス 油粕
「米ぬか」から自然なものづくり。オンラインショップ
お米のチカラ。米そのものと米油のおいしさの秘密をご紹介します
BOSOの環境への取り組み エコアクション21
ボーソー油脂 60年のあゆみ
よくあるご質問

よくあるご質問

しその実油について

Q1
しそから油がとれるのですか?

しその実油は、しその種子から油を搾って作られます。

Q2
荏胡麻油は、ごま油とは違うのですか?

荏胡麻油は、しそ科のえごま種子から油を搾って作られます。「ごま油」とは全く異なります。

Q3
しその実油は、しその香りがするのですか?

しその葉ではなく種子が原料であり、また脱色・脱臭(精製)をしていますので、しその香りはありません。

Q4
しその実油・荏胡麻油にはどんな特長があるのですか?

油に含まれる脂肪酸に大きな特長があります。しその実油・荏胡麻油には、n-3系(オメガ3)必須脂肪酸であるα-リノレン酸が豊富に含まれており、菜種油や大豆油、米油などとは異なる種類の油です。

Q5
n-3系(オメガ3)脂肪酸とは何ですか?

しその実油、荏胡麻油をはじめ、魚介類(特に青魚)などに多く含まれている必須脂肪酸です。 必須脂肪酸は人間や動物の体内では作れないので、必ず食事から摂取する必要があります。
近年増え続けている生活習慣病やアレルギー疾患は、このn-3系脂肪酸の不足が原因とも言われています。
青魚に多く含まれることで知られる「DHA」や「EPA」も、α-リノレン酸と同じn-3系脂肪酸の一種です。

Q6
α-リノレン酸をどのくらい含んでいるのですか?

大さじ1杯(14g)につき、7.7g(=55%)含んでおります。

Q7
一日にどれくらい食べれば良いのですか?

小さじ1杯(4.5g)程度で充分です。この量で、約2.5gのα-リノレン酸を摂取できます。
厚生労働省「日本人の食事摂取基準(2010年版)」では、生活習慣病の予防のために目標とするn-3系脂肪酸の摂取量として、成人でおよそ1.8g~2.4g/日以上としています。(目標量は年齢・性別で異なります)

Q8
カロリーはどれくらいですか?

植物油のカロリーは、油の種類にかかわらず一緒(大さじ一杯(14g)あたり126kcal)です。

Q9
使い方は、家庭で使うふつうの油と一緒ですか?

加熱に弱い性質があるので、揚げ物など加熱調理でのご使用は不向きです。 生食(ドレッシングやご家庭でのマヨネーズやマリネなど)でのご使用をおすすめします。そのほか、冷奴に掛けたり、野菜ジュースに入れたり、etc.…工夫次第で美味しく楽しめます。

Q10
冬場、油のなかに白い沈殿物ができることがありますが・・・

冬季または冷蔵庫に保管した場合、白い沈殿物が生じることがありますが、油の成分が一部結晶化したもので品質には問題ありません。温めると元に戻ります。

Q11
「一番しぼり」とはどんな製法ですか?

植物油の搾油法には
①圧搾法②抽出法③圧抽法の3つの方法があります。

1.圧搾法
圧搾法は、比較的油分の多い原料(菜種、コーン、紅花など)に使われる方法で、原料に物理的な圧力をかけて、油を搾り採る方法です。この圧搾法によって得られた油を「一番しぼり」の油と呼んでいます。

2.抽出法
抽出法は、比較的油分の少ない原料(大豆・米ぬかなど)に用いる方法で、n-ヘキサンと呼ばれる溶剤を使って油を抽出します。抽出に使ったn-ヘキサンは、油の精製過程で蒸留によって取り除かれますので、製品に残ることはありません。

3.圧抽法
圧抽法は、圧搾法と抽出法を併用した方法です。まず初めに、圧搾法によって原料に含まれる油の大部分を搾油し、引き続いて圧搾法だけでは採りきれなかった油分を、n-ヘキサンを用いて抽出する方法です。

「一番しぼりしその実油」「一番しぼり荏胡麻油」は、それぞれ、しその種子、えごま種子から、圧搾法で、しぼった油です。

Q12
しその実はどこから調達し、農薬使用の状況はいかがですか?

原材料は中国産のものを使用しています。残留農薬の検査は定期的に行なっておりますが、検出されておりません。

お問い合わせはこちら
ページの先頭へ戻る